プロペシアの効かない人の共通点

生え際が薄くなってきている白髪頭の男性

AGAで用いられるスタンダードな医薬品のプロペシアが効かない人がいます。

プロペシアは比較的効果が出やすく、改善率は9割もあるとされています。しかし、効かない人も居ることを知っておきましょう。

この記事では、プロペシアの効果が出ないパターンについて解説します。

AGAが進行しすぎている

まず、AGAが進行しすぎて、毛根自体がすでに終わっている場合です。

頭髪を作る毛母細胞がすでに死滅しているような状態であれば、AGAの基本的な医薬品であるプロペシアを使っても、効果が実感できないことがあります。

毛母細胞が死んでしまう前に、対処するのがAGA治療では必須となります

多くの原因はAGA治療の手遅れです。だからこそ抜け毛が増えている状態で、早めに治療を開始しましょう。

AGA以外が原因で薄毛になっている

違う脱毛症であった場合、プロペシアは効きません。脱毛症には、AGA以外にも以下のような種類があります。

  • 円形脱毛症
  • 脂漏性脱毛症

プロペシアは円形脱毛症には効きません。

円形脱毛症とは、ストレスや病気などで起こる症状で、円形に禿げてしまう事を言います。

円形脱毛症は、AGAの原因である男性ホルモンが引き起こしているわけではありません。どんなに飲む育毛剤と言われているプロペシアであっても対処できません。

同じく、脂漏性脱毛症にも効かないです。

脂漏性脱毛症とは、皮脂が過剰に分泌されることによって、新しい頭髪が増えない症状です。

プロペシアはDHTの生産を抑える薬なので、脂漏性脱毛症や円形脱毛症には効果がありません

AGA以外が原因の場合は、頭皮ケアや生活習慣の見直しも必要となります。

まとめ

このように飲む育毛剤と知られているプロペシアは、AGAが原因でなければ改善するのが難しいことがわかります。

他の症状は医師の診察を受ければ判断することができますので、まずはクリニックに行ってみましょう。

プロペシアのジェネリック

プロペシアにはフィンペシアというジェネリック医薬品もあります。

フィンペシアはプロペシアと同じ成分ですが値段が安いです。継続することが大切なAGA治療にはもってこいの医薬品となっています。

気になる方はそちらもチェックしてみましょう。